1日目、セッションブロックC

8:30 開会 + 基調講演

10:00 コーヒーブレイク

建築物外皮のエコ素材

バイオダイバース建築物外皮によるエネルギーの節約
  • 研究により生命を持つ屋根や壁はエネルギーを節約することが実証されている
  • すべての形状の緑化建築物外皮が生物学的に多様なわけではない

Bruce Dvorak、 テキサスA&M大学、アメリカ

モジュラーストローパネルを持つPassivhausエンベロープ
  • 気密蒸気透過性壁構造の利点
  • モジュラー耐荷重/断熱壁のヒートブリッジソリューション
  • わらの断熱材や粘土漆喰でできた壁の耐火性

Bjørn Kierulf、 Createrra、 セネツ、 スロバキア

ファサードの改修時の断熱材としてのコルクの環境への影響
  • ファサード-建築の工事の環境アセスメント
  • ファサードの改修時の再生可能素材
  • 異なる断熱素材の環境パフォーマンス

Jorge Sierra-Pérez、 Universitat Autònoma de Barcelona、 スペイン

建築物ファサードの農業系ポリマーの潜在的アプリケーション
  • 農業系ポリマーで作られた生物ベースで半透明のファサードの開発
  • 最適な素材を選ぶためのマルチ性能基準マトリックスの枠組み
  • 識別ツールとしてのマイクロメカニクスと有限要素法

Mahjoub Elnimeiri、 イリノイ工科大学、シカゴ、アメリカ

簡単なプレゼンテーション:持続可能な建築物外皮の素材

審美的で、耐久性があり持続可能な建築物外皮のための革新的な表面処理鋼板

Jérôme Guth、 ArcelorMittal - Global R&D、 ルクセンブルグ

12:30 昼食