先進建物外皮設計 2

建物外皮における変形能力関連の設計方策
  • 要の知識は設計工程の範囲内で交換可能できる。
  • より良い持続可能環境をめざす順応性ある設計方策
  • 動き、建物、そしてその環境間の接続部

Negar Kalantar、建築部、テキサスA&M大学、米国

設計ツールとしての動的シミュレーション・ソフト
  • 革新的有機建物材料
  • 様々な建築技術および材料の熱挙動
  • 選定シミュレーション・ソフトの長所と弱点

Rosalie Menon、マッキントッシュ建築学校、グラスゴー、英国

様々なファサード設計の動的シミュレーション
  • TRNSYSの動的シミュレーション
  • 建物外被の透明部分に焦点を当てた改造設計コンセプト
  • 改造コンセプトの利点、限界および特有パラメーター

Sabina Jordan、国立建築土木国立研究所、スロベニア

建物外皮の物理的メッシュ・データ構造
  • 建物外皮構造のクワッド・エッジ・データ構造
  • 自由形状建物外被建造方法論
  • 繰り返し意匠の織物オブジェとしての建物外被

Ergun Akleman、視覚化部、テキサスA&M大学、米国

17:30 会議1日目の終了